読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝶になったあの日から

乙女心と秋の空 / HEAVY MENTAL HERTZ

マイケル・サンデル『それをお金で買いますか―市場主義の限界―』

読書

 これを読み進めている。

それをお金で買いますか――市場主義の限界

それをお金で買いますか――市場主義の限界

・出来が悪いながらも経済学を学んだ者として、複雑な思いが湧いて出る。
・「自由が何よりも尊いのか? 何でも自由化・市場化してよいのか?」と著者は問いかけてくる。
リバタリアンに近いと思っていたわたしは、そこで戸惑う。
・自由化・市場化の功罪。
・もともと経済学は倫理学から派生して、共同体の在り方を考える学問だった。
・その点を鑑みれば、善悪の判断を取り入れるのはもっともなこと。
・金銭的な報酬を設定したインセンティブは一見うまくいきそうだが、道徳の腐敗を招くことがある。
共同体主義から目が離せない。