蝶になったあの日から

乙女心と秋の空 / HEAVY MENTAL HERTZ

poetry

不孝こそが咲かせられる華。 芽吹いたそれを育て上げ、あなたにご覧にいれましょう。

この詩にメロディはないし、動く画もついてないから 僕は文字で綴って伝える 名前だって意味を無くした 光が、花が、見えたといの? それは嘘だよ、きっと神経が狂った 雨の夕陽であなたには届かないだろう 知らなくていいよ 知らなくていいよ

この詩とともに

無知。 無能。 苦悩。 未熟。 すべての負が、僕の糧。

お星さまが見えない 雲も無いのに 澄んだ夜なのに 眩しい都会でも無いのに どうか一粒だけでもわけてください。

cake

あたなは泣いてもいいんです。気持ちにしたがって晴れる日まで待ちつ続ければ。 僕のことなんか忘れても構わない。人は変わるよ。でも、ありがとう。

あなたに縛られている 別れの季節がまたやってくるね 約束は忘れ去られ 僕は憎むことも愛すこともできず ただ憂鬱を抱え孤独に震える とても寒くて、安らげる場所なんか見つからないよ

桜の咲く頃、まだ肌寒い川辺を並んで歩いたね 変わらない景色と夢を探して 夕方の空気は大地の赤 鳥たちが歌う声、舞って 温もりを求めたよ

アンテナを数えて ケーブルを数えて 電柱を数えて 屋根を数えて 鐘の音が聞こえたから さよなら

雲が切れた 空は青くなくていいよ 息は白い サザンカにもうお別れ

灰色

目覚めたのは午前十時。 頭が痛いから、そのまま布団を被って憂鬱。 気が付けば一時間くらい過ぎていた。 外がやけに静か。 やっと起き上がってカーテンを開けると雪が降っている。 『世界の終わりという名の雑貨店』しか浮かばない。 「雪が降っています」 …

無数の星の一つ 誰も見つけられない 世界が広い過ぎるからじゃない 暗闇に覆われているからじゃない 地上の光に邪魔されているからじゃない あなたが見たくないから見えないだけ 存在しないのと同じ それでも輝き続ける

見えているかい?

むせかえるほど、百合の香りが立ち込めた部屋。 あなたは来ない。 もう僕の嗅覚など要らない。潰してください。 ふたりはどうして逢えないの? きっと罰に違いない。あなたを信じるという幻覚に溺れなかったから。

葬列

僕は死んだ。 四肢は冷たくなって動かない。息もできない。大好きな暗闇と蝋燭一本の揺らめく僅かな明かりの中で暮らしている。 もう明日は来ない。

あなたのために。

花が響いて満ち足りる

あなたの声はとても不思議。 激しく響けば僕を眠らせ、 優しく響けば僕を目覚めさせる。 本当に。 その激しさに安心するから、緊張を解きほぐされた僕は、瞼を落として夢を見たくなる。 その優しさに興奮するから、覚醒をもたらされた僕は、瞼を押し上げて世…

 「何も知らない」

そこは古いマンションの二階。南側には二つ部屋があって、その東寄りのほう。当時は姉の部屋だった。朝の八時くらいだったから、学校に行ってしまったのだろう。姉は既にいない。レースのカーテンが風にそよいでいる。 僕は開かれた窓から少し身を乗り出して…