蝶になったあの日から

乙女心と秋の空 / HEAVY MENTAL HERTZ

「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」を観ました(ネタバレになるかもしれません)。

 出会いはおよそ26年前。わたしは、テレビアニメ、新世紀エヴァンゲリオンを毎週録画して観ていた。ちなみに、こちらの放送局であるテレビ愛知は朝7時半くらいから放送していたので、学校に行く前に前半を少し見て、帰ってきてから録画したものを観ていた。

 当時も話が進むにつれ、わけがわからなくなり、考察本を買って読んだものの、やっぱりわけがわからなかった。そして、いわゆる旧劇場版を観て、やっぱりやっぱりわからなかったものの、一応決着がついて、満足していた。

 時を経て、新劇場版が発表され、ワクワクしながら毎回観ていた。わたしは、良い観客ではない。わからないものを考えずにわからないままにしておくからだ。今回観た「シン・エヴァ」は後半になるにつれ、矢継ぎ早に難しくなりついていけなかった。

 が、爽快感はあった。メカがバチバチやり合うシーンとか、圧倒的な物量が画面を埋め尽くすところとか、碇ゲンドウが胸の内を吐露してくれたところとか。そして、最後、ちゃんとまとまって「終わった」ことに感動を覚えた。ずっと待ち侘びていたのに、来ないでほしかったと怖がっていたが、観てよかった。さよなら、すべてのエヴァンゲリオン

半物質

 一月末に大須の服屋を辞め、二月から地元でアルバイトを始めた。およそ一か月経った。

 わたしよりひと月早く入ったアルバイトの方が突然、辞めた。

 本人から理由は聴いていないが、その方と話した先輩から聴いたところによると、いわゆるパワハラがあったらしい。

 具体的な内容は言えないが、それはダメだろうと思うものだった。

 休憩室には、この会社のルールとして言ってはいけない言葉とか、コンプライアンス違反のときの通報先とか、わかりやすく掲示されている。

 辞めた方は戦うことを避けたが、もしわたしに降りかかってきたら、戦おうと思う。

「帰り道」

 戻れない。

 今も、一秒、一秒、変わっていく。

 昨日も、明日も、

 そして、今日すら、本当は、無い。

 あるのは、今だけ。

 刹那より短い、

 計測できない今に、

 わたしは、戻れない。

 

 

53/100

 

 

誕生日まであと30日。

↓気に入ったらお恵みを。

www.amazon.jp

「太陽の下で」

 もし、好きな人が、火星、否、木星に行ってしまったら、
 追いかければ会えるだろうか。
 どこで待ち合わせをしたらいい?
 地図も持たないわたしたちは。

 

 

52/100

 

誕生日まであと30日。

↓気に入ったらお恵みを。

www.amazon.jp

再帰呼び出し

 日本国憲法第十二条に、こう記されている。

この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならぬのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

 上記はWikipediaからの引用で、さらに解説では、こう言っている。

人権の歴史的演繹から導かれるその性格及び保持に必要な国民の責務をうたう。国民の倫理的指針を示したものである。「権利や自由は主張し行使しなければ取り消される」のであり、よって国民自ら政府から防衛しなければならず、かつ行使する場合は公共の福祉、つまり自分も含めた第三者の利益に適うべきと定めた規定。

 不断の努力は、普段の努力でもあり。

 で。

 夢を諦め、方向転換をせざるを得なくなった人たちは、たくさん居る。さっき見たテレビ番組にも出ていた。

 わたしが追う夢に向かって、不断の努力を、今、わたしはしていない。

 情けない。右胸に彫った蝶が泣いている。

 お金の心配ばかりで、と逃げている。

 しかし。

 あのときの初期衝動は、どうした?

 文士として朽ち果てるまでの覚悟はどうした?

 思考し、試行するのだ。

 環境を変えよう。インセンティブを設計しよう。

 ガソリンを使わず焼身自殺をするくらいの燃料を、わたしは、まだ、持っている筈だ。

ロスアンゼルスの聖者

 81プロデュースに所属する声優になった夢を見た。

 その日は、地元凱旋イベントが行われるショッピングセンターに行った。なぜか同じ事務所というだけで、関係のない先輩の大久保瑠美さんをゲストに迎えて。そりゃそうだろう。わたしだけじゃ、華が、無い。

 イベントが始まるまで、そのショッピングセンターを巡り、大久保瑠美さんの付き人みたいなことをしていた。

 彼女がお昼ご飯を食べたいと仰ったので探したのだが、日曜日のせいだろうか、どこへ行っても満席。じゃあ、ご飯は諦めようとなり、服屋を見て回った。そんな夢。

 

破壊の欲望

 わたしの母は、髪の一部が青い。

 おしゃれでそうしているのではない。

 白髪染めシャンプーだかコンディショナーだかを使い続けたあと止めたら、徐々に色が変わったらしい。

 紫のお婆ちゃんより、カッコいいし、うらやましい。

シャンバラ

 昔、二十年くらい前、菅野美穂さんが、TV番組「さんまのまんま」に出ていたとき、「ニュース(TVと言ったかも)は見ない。悲しくなるから」というようなことを言っていた。

 当時は、それに納得してしまったが、今は、「それでいいものか?」と思っている。

 わたしは、最近、意識してマスメディアやソーシャルメディアのニュースを見聞きしている。残念ながら腹立たしいことばかりだ。

 でも、負の側面から目を背けちゃダメなんだ。己の為にも、他人の為にも。幸せの為に。

人恋し

 マッチングアプリでなかなか上手くいきません。

 プロフィールにマイナス面を曝け出していても、運よくマッチングはするのですよ。でも、メッセージのやりとりが続かない。

 コミュニケーションが苦手なわたくしが、がんばってお話を繋げようとしても、なかなか相手から返ってきません。

 何がいけないのでしょうね。