蝶になったあの日から

乙女心と秋の空 / HEAVY MENTAL HERTZ

人恋し

 マッチングアプリでなかなか上手くいきません。

 プロフィールにマイナス面を曝け出していても、運よくマッチングはするのですよ。でも、メッセージのやりとりが続かない。

 コミュニケーションが苦手なわたくしが、がんばってお話を繋げようとしても、なかなか相手から返ってきません。

 何がいけないのでしょうね。

2021/01/25 or: 変態

 今働いているところを辞めようと思い、一昨日、二社の求人に応募した。

 そのうち一社の面接が今日あり、行ってきた。

 面接自体は良い雰囲気で嫌なことも聞かれなかったし、自分も話したいことを話せた。

「前向きに検討します」とのこと。当てにはできない言葉だが、そこに決まったらいいなと思っている。

2021/01/22 or: ロマンスの亡霊

 こうして、何でもいいから書かないと、脳が腐っていく。

 文章を書く技術が衰える。

 書いた文字数で決まるものではないが、思考して試行しないとダメだ。

 わたしは文士です。

2021/01/20 or: 洗礼

 わたしの中には、「僕」がいる。

 性自認の話ではない。

「わたし」としてこうやって世界に接しているが、その核は「僕」なのだ。

 女とか男とか、"I"でもなくて。なんか、「僕」なんだよな。

失格

 原神ばかりやっていて、入力も出力もしていない。

 両立させるように、少しずつ修正していきたい。

 さて、その為にはどうすればよいものか。

 やはりここは学んだ経済学から。そう、インセンティブの設計。

2020/11/30 or: DAY 30 - EMILY

 一か月欠かさず続けたこのブログも(一日だけ、日をまたいでしまうこともあったけど)、今日で連続更新目標は終わり。

 これからは、また、気が向いたときだけに戻る。

 気付いたこと、実際にやって気付けたことは、締め切りは大切だということ。

 職人であろうと、芸術家であろうと。わたしは、文士です。

2020/11/29 or: DAY 29 - MY STRANGE DAYS

 原神の熱が、ちょっとだけ、冷めた。

 難しくなってきたし、マルチプレイをしてみたら、ほかの人たちとの差に愕然としたからだ。

 わたしがもっとゲームに慣れていたり、お金を潤沢に費やしたりしたら、もっと楽しめるかもしれない。

 でも、まだしばらく続ける。オープンワールドで自由にわたしは遊ぶ。ゲームはゲームなのだから。