蝶になったあの日から

乙女心と秋の空 / HEAVY MENTAL HERTZ

「煙草」

夢を見た。確かに、あれは、夢だった。しかし、起きた今、内容をさっぱり覚えていない。夢を見たという記憶があるだけ。わたしは、いったいどんな夢を見たのだろうか。それを知りたくて、わたしは旅に出た。北に向かって。たっぷり二時間歩いたところでさす…

「strangelove」

朝、目が覚めると男は虫になっていた。グレゴール・ザムザのような虫ではなく、蟻ほどの小ささで、毒にも薬にもならぬ虫だ。それによって男は、心から望んでいた真の自由を手に入れた。これで憂鬱な仕事なんかしなくていい。自由だ! 俺は自由だ! 男は彼の…

「影」

とある夏の夜闇、影たちがこぞって逃げ出した。大脱走。翌朝から、ありとあらゆるものは光を浴びても、影を創らなくなった。ところで、光が影を創ると思われているが、しかし、実際、そうではない。影は影。単体で存在する。すっかり自由になった影たちは行…

2020/8/27

今、恐れているのは、死。 死んだあとのことや、死に至るまでの苦痛を思っているのではない。 ここまで生きてきて、まだ僕は何も成していないから。 それが、悔しくて、悔しくて。

「サイベリア」

サイベリアの永久凍土から、生きている蝶が発見された! この極めて奇妙な出来事に、世界中の地学者、昆虫学者、歴史学者など、世界中の学者たちが色めきだった。当然である。何しろ、菌やウイルスでもないものが「生きていた」のだから。その上、全身、鮮や…

「雲」

だいたい、夏の雲というものは威張っている。それは人々がすぐに思いつく、夕方の怒りをはらんだ、入道だけに限らない。朝から晩まで、大小さまざま、実に偉そうにしているのである。夜深くの空を想像していただきたい。見上げてみる。月や星たちを隠して、…

「土」

幼子は川を渡った。橋の無い川を。だから、舟で渡った。三途の川でないので、六文銭は要らなかった。身に着けるもののほか、持っていたのは、一握りの土だった。少しも落とさぬよう、その小さく柔らかい手で、大事に大事に握っていた。船頭は口をきかず、幼…

「煙」

その男は煙になった。毎日、一箱、煙草を呑んでいたら、細胞の奥の奥にまで煙を入れてしまい、姿かたちがすっかり煙になってしまったのである。齢三十七。しかし、男は男である。何の問題もなく暮らしている。煙になったところで何が変わることもなく。いつ…

「大宇宙創造聖黄金神」

大宇宙創造聖黄金神が耳元で今日も囁く。生きろ、と。大宇宙創造聖黄金神の姿は見えぬが、いつだって左耳に居る。常に左耳に直接、言葉を発する。わたしは一度たりともありがたいとは思ってこなかった。しかし、大宇宙創造聖黄金神の言うことは絶対。今日も…

「ゾンビ」

ゾンビが未だ蔓延るこの世界。多くの知の巨人たちが、闘えど、闘えど、姿を消さない。それがゾンビたる所以なのだ。そもそも芯まで腐っていて、ダメージをまるで受けないから、ゾンビは尽きない。果たしてヒトがゾンビに打ち勝つ未来はあるのだろうか。それ…

2020/8/15

朝は白米と味噌汁 昼はざる蕎麦 夜は冷奴 それだけで生きられる体になりたい

2020/8/11

早起き。 お昼ご飯はざる蕎麦。 Teeを三着買う。 無印良品で、エッセンシャルオイル「おやすみブレンド」とルーズリーフとファイルを買う。

「reverie」

人間を人間たらしめているもの 恐らく確たるものは、無い 科学が進歩するほど かえって他の動物と人間との差異を見出せなくなる しかし、一つ言えるのは <これ>の存在を認識していること わたしと貴方が美しく思えていること だとすれば、人間 51/100

2020/5/31 or : 雨が降る

実は…… 特別定額給付金を既に手にしています。 そして、すぐにアクセサリーと洋服に突っ込み、僅かに残るばかり。 計画性の無い、阿呆です。 正社員時代は貯蓄大好きで、手取りの33%を預金していました。 二年で二百万以上貯まっていました。 そこからうつ病…

「新月の夜」

揺らしてやる 上下左右にその身を きっと目に留まらせて 貴方自身の心の声で、わたしの詩を歌ってほしい 50/100

「アイドル」

精神的に強くなりたい そう思う時期もあった 傷つかないように 落ち込まないように、と でも、ヒトである限り 絶対、とは言わないが、無理なのでは? ちっちゃなことだけど ネイルが剥げたり、前髪が決まらなかったり どうしたって気分は沈んでしまう じゃあ…

「麻薬」

螺旋状に、思考が落ちていく 同じところのようで異なる 少しずつ低いほうへと 周回しながら流れていく アナタはといえば 天国へと向かい昇っている わたしは地獄に魅せられて 独り、静かに、下っていく 48/100

「ノイズ」

「死なないで」 それはわたしを責め立てる鋭い言葉 アナタの悲しみをわたしは知らない 同時に わたしの悲しみをアナタは知らない アナタの為に死なないとしたら わたしの地獄を 救ってくれますか? 47/100

感想:南條愛乃「藪の中のジンテーゼ」

藪の中のジンテーゼ(初回限定盤)TVアニメ(文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~)エンディングテーマ アーティスト:南條愛乃 発売日: 2020/04/29 メディア: CD Twitterで交流のある方から表題曲をプレゼントしていただいたので、その方に送った感想をこちらにも…

「絶叫

愛には 形や、大きさや、重さが あるかもしれない でも、 与えるにしろ、受け取るにしろ ただ、 あるか、ないか それだけだろ? 46/100

「溺れる」

言葉の中指を突き立てろ 腐った奴らに見せつけろ わたしはアナタのモノじゃない わたしの人生を わたしの生活を わたしの暮らしを わたしの日常を 汚されてたまるか 45/100

「そんな朝」

「他人に期待しない」 そう言うと 「傷つかなくて済むもんね」 と返される 確かに、傷つくことは恐れているが、違う すべては自分のせい この世界が狂っているのも この世界が糞ったれなのも 44/100

「くちびる」

暗い部屋で くちづけ 触覚だけがたより 貴女のリップグロスが、どろり残る 43/100

「絶命」

自殺は処世術 そんなことを太宰は記した わたしも思う 望まずに生まれたのなら、望んで終わらせたい 42/100

「マスク」

これは独白にして、独白にならず どうあがいても、告白 恋でも、愛でもない 絶望の 41/100

「針」

もう 幸せについて考えるのはやめよう 何をやったって感じられないときはある 捉え方次第で変わるから 幸せを物差しにしないで 己の夢の為 己の美学の為 生きる 40/100

「証明」

稲妻に撃たれたい 一瞬の炎のあと 身を真っ二つに裂かれ 炭になりたい そうしたら、魔法使いがやってきて その炭を美しいダイアモンドに変える 人々はそれに群がり奪い合う 醜い人間の証明 39/100

2020/4/16 or : progress

銭湯に行くと決めていたのだが、母の強い反対にあって、断念した。新型コロナウイルス感染症を心配されたのだ。危険が低くなったら改めて行くことにする。 午前中に通販で買ったジーンズが届いたので、それを穿いて出かけた。 行先は、服屋。ついこの前に入…

2020/4/15 or : crowded

今日は嵌めようとしていた腕時計の針が止まっていたから、名古屋に行くのをやめた。 夜更かしをし過ぎて気分が乗らなかったのもある。 銭湯に行く準備として、ダヴ・トラベルセット(シャンプー&コンディショナー&ボディウォッシュ&洗顔料)を買った。 明…

「そらいろ」

わたしは何にも塗られていない 白か? わたしは何にも染まらない 黒か? おそらく、どちらでもない おそらく、どちらでもある そうと信じたい 宇宙の外側の色だったらいい 38/100