蝶になったあの日から

乙女心と秋の空 / HEAVY MENTAL HERTZ

poetry

「指折り」

三十を迎える前に死のうと思っていた。 それが美しいと思っていた。 何も成し遂げずに過ぎると次は、三十五に、 それも過ぎ、ついこの前までは、太宰の遺体が発見された歳、四十で。 しかし、貴女に逢って変わった。 次の日まで、もう少し、あと少し、と。 …

「色」

わたしは何にも塗られていない 白か? わたしは何にも染まらない 黒か? おそらく、どちらでもない おそらく、どちらでもある そうと信じたい それは宇宙の外側の色 わたくし、近江ちゃんの誕生日(3月30日)まで、あと2日です。今年も文章で返礼品を贈りま…

「弁明」

高尚な芸術は、アナタに任せます分かり易さとか、感動とか、そういうものじゃない、眠れるものを、わたしは、造る わたくし、近江ちゃんの誕生日(3月30日)まで、あと3日です。今年も文章で返礼品を贈ります。既に出来上がっており、誕生日当日に公開できる…

「嘘が真、真が嘘」

人間は人間を疑っているが人間はお金を信じている信じているからお金がお金として成立する疑えば、物々交換の時代に戻ってしまういつになれば人間は人間を信じる?とはいえ、嘘が無い世界などかえって嘘だ疑いの余地があるほうがまことしいだから、嘘っぱち…

花も恥じらう小娘に無慈悲なリボンを添えてやろう。

今日まで楽しいことは、ひとつも無かった。 (出逢ってくれた人、ごめんなさい) 明日もいいことは無いだろう。きっと。 (約束した人、ごめんなさい) でも、それでも、僕はこの先へ行く。 (それに全額を賭けてしまった) まだ逢えない貴女に、逢う為に。 …

気づいたら俺はなんとなく夏だった。

十月は貴女を想い、 十二月はアナタを想い、 三月は貴方を想い、 六月はあなたを想う。

「時の音」

砂時計の中にあるのは 火星の欠片 耳をそばだてれば 宇宙の音が聞こえる 4/100

「エニグマ」

女がいる 子がいる 泣いている 笑っている

「眠れ」

夜が目覚める 誰そ彼 見覚えがある たしか、夢で 奇術師だった ギロチンを使う 落下した頭部が見せる顔 恍惚

詩は難しい。書くのも、読むのも。だからと言って、遠ざけるのは違うと思った。わたしは文士だから。 前回十一月の文学フリマ東京で散文詩集を出した。MORRIEさんのライヴに行ったとき、彼がお話の中で粕谷栄市という詩人の名を挙げたので、試しに読んでみて…

リップスティック

甘やかに薫り立つばらの花、無様に散った さよならを言わなくちゃ 傘も無く夜を駆けて 輝きはそこにあった 眠りゆく天使に触れる あゝ、溜め息が……

「メロディーズ」

詩にメロディーは無い 死にメロディーは無い 即ち、詩=死 古来伝えられてきたこと しかし、断頭台にはメロディーがある そして、詞はメロディーが無ければ成立しない 詩、死、詞 わたしは私(シ)を歌う Alternate Take 詩にメロディーは無し 死にメロディ…

思い出

色いい服を買った、青 愛しい猫を飼った場所 等しい勝負だった跡 気持ちいい過去になっただろ?

再生

‪ 僕の言葉は武器、じゃない。 あなたを傷つけるわけでも、敵から守るわけでもないから。 ただ、戦うとしたら、己の絶望。 美しさを手に入れる、その日まで。‬

3,2,1...

悪い知らせと、良い知らせ 行って来いにはなりません 蝶になったあの日から 死ぬる思いで夢心地

Heaven Shall Burn

疲れと喜びが入り混じり、帰宅 きょうも死ぬる思いが込み上げる それが僕の暮らし 麦茶を飲もうと、冷蔵庫を開ける 母が作った、不格好なおにぎり 母も歳 そんなに長くは生きてくれない だから、母より先に死んではならないと思った

VISION

雲を掴み 霞を食べ 野に咲く青い花を摘む それが生業

“あいのうただから”

野口英世の母が、息子に宛てて書いた手紙のような、 相花信夫が、母に宛てて書いた遺書のような、 芥川龍之介が、恋人に宛てて書いた恋文のような、 そんな小説を、あなたに宛てて書きます。待っていてください。

讃美歌

あなたが破滅することを望んでいた。 堕ちることを願っていた。 呪っていたわけではない。それが、ただ、美しいと思っていただけ。 今は、違う。変わってしまっても、愛しています。

眼前のモノしか目に入らず いっときの快楽に身を委ね 未来をまるで見ていない あしたは、来ないだろう

チョコレイトの雨が降る。 濡れた手を嘗めると舌はビター。 茶色い雲はどこまでも続く。 明日も雨が降ればいい。世界の終わりまで降ればいい。

灰色の背中

音色はブルー。空に似た? 海に似た? ヒールを鳴らす地面は濡れ始めていた。 腰を屈め、手を触れる。ざらついた感触。 傘を手放し、歩いていく背中に春が見えた。

偽物

アマリリス、掲げて、揺らす、歌う、詩。にびいろをして。 グラスは床に砕け散った。蜘蛛の巣を描く。 朝のアールグレイは心地よく、花咲くように、夢の中。 カエルの頭に王冠を。彼にきっと捧ぐべき。

白いブラウスの声

あなたの負った傷は何ものにも変えられません。どんな勲章よりも立派で、どんな賞よりも誉れ高い。 どうか癒すことを知らぬまま乾く間を待たず血を流し、戦ってください。 そう。これは戦いなのだから。刃を言葉に換えて尽きるまで、粉々になるまで。 一緒に…

目覚めた朝は春だった。

奥にほのかな光をためた猫の瞳のあなた。見つめられると、息がとまるようで。

真冬の華

わずかに顔を見せる緑。弱々しい草木が生き返らんばかりに芽吹きつつある。 道に溶ける白。身が震えるような厳しい寒さも、ようやく終わろうとしている。 やさしいオレンジ。はるか高いところから、陽の光が穏やかに人々を照らしている。 天を埋める水色。ま…

詩情

手と手。繋ぐ。冷たい体温が伝わる。 寒空の下、並んで歩く。秋の木の葉がまばらに落ちている道をゆっくりと。 目と目。合わせる。やさしい気持ちを感じる。 隣にいるあなたを横目で見ると、あなたもわたしをじっと見ていた。同じだね。 指と指。絡ませる。…

今日も一日が終わる。 ちゃんと生きられたかな。ちゃんと残せたかな。 長い雨が髪を濡らす。 ひとり暗い夜道を憂鬱な気分で歩いた。

陽の当たらぬ日も詩を書こう。 手垢のついた言葉でもいい。 意味は昨日とも違うし、明日にも変わる。 信じて。