蝶になったあの日から

乙女心と秋の空 / HEAVY MENTAL HERTZ

 パロディ

 死のうと思っていた。浴衣を買った。記念としてである。月の模様が織り込められていた。これは夏に着る物であろう。夏まで生きていようと思った。