蝶になったあの日から

乙女心と秋の空 / HEAVY MENTAL HERTZ

三連休・一日目

 寝不足でむかえた朝は、気持ちが悪かった。

 競艇を観に行きたい。モンキーターンを観に行きたい。ふと、そう思った。愛知県には常滑(とこなめ)と蒲郡(がまごおり)がある。地理的には隣県の浜名湖もそう遠くない。インターネットで調べる。ちょうど常滑で開催されていた。でも、行こうか、行くまいか躊躇う。雨だし、寒いし……。大須には行くつもりだから、とりあえず名古屋方面の電車に乗って考えることにした。

 いつもは眠れる電車の中で眠れなかったので、競艇観戦に決めた。十時十五分ごろ、常滑駅に着く。駅も道もレース場も閑散としている。実はここに来るのは二回目。幼少時、両親に連れられ、焼き物展を観に来た。常滑は焼き物の町なのだ。

 舟券も買わず、1マーク前でひたすら六艇のターンを観る。4レースが終わって満足したので、大須に向かう。

 ファッション欲が復活したので、Deity's watchdogに行く。ひらがなうぃじゃのノーカラーのシャツを買おうと思っていたのだが、記憶と違って半袖だった。半袖のシャツはわたしの美学に合わないので買わず、入荷したばかりのワイドパンツを買った。あと、初イヤーカフも。店を去ろうとしたところで眩暈。店長さんに介助していただき、その場をしのぐ。

 帰宅すると、注文していた三冊の本と二枚のCDが届いていた。明日、鑑賞しよう。

2-6-3。荒れましたなあ。

感想:清春「KIYOHARU 25TH ANNIVERSARY YEARS fc only『愛の巣』」 at 名古屋クラブクアトロ 4/2

 感じてきました。特別に珍しい曲をやるわけでもなく、高値安定。ファンクラブ限定だから、トーク多めでした。

「club「HELL」」でミスして中断、そこからの流れでカヴァー・アルバムには、わたしも大好きな「傘がない」が入ると。

 「TWILIGHT」と「シャレード」でゆらゆらして、「貴方になって」で沁みて、締めの「EMILY」、「HAPPY」で昂ぶって。

 やっぱりライヴはいいですね。

感想:曽田正人『Change!』4巻

Change!(4) (KCデラックス)

Change!(4) (KCデラックス)

 

 この漫画を1巻から読んでいます。高校生ラッパーのお話です。ラップは、わたしが感じるところで言うと、落語と同じで、「巧いと感心するけれども、おもしろいとは思わない」ものなのですが、この漫画はおもしろいです。

 それはなぜか。文字で自分のペースで読めるからです。これが音楽になってしまうと、言葉として何を言っているのかわからないし、速くてついていけません。

 また、漫画ですから大きなストーリーがあります。だから、この作品のラップをおもしろがれます。

 4巻では、ラップバトルは「(和歌の)贈答歌や歌合を超高速・即興でやるようなもの」と主人公の父が表すのですが、そこに日本人が広い意味の「歌」を好む歴史を感じました。お薦めです。

 詩は難しい。書くのも、読むのも。だからと言って、遠ざけるのは違うと思った。わたしは文士だから。
 前回十一月の文学フリマ東京で散文詩集を出した。MORRIEさんのライヴに行ったとき、彼がお話の中で粕谷栄市という詩人の名を挙げたので、試しに読んでみて触発されたのだ。
 Twitterのフォロイーが挙げていた、荒川洋治『詩とことば』を詠み終わった。詩は自由。とても自由なのだ。だが、確かな技術が要る。
 詩は難しい。書くのも、読むのも。だからと言って、遠ざけるのは違うと思った。わたしは文士だから。

https://www.instagram.com/p/BvA66wsl613/

咲イタヨ。