蝶になったあの日から

乙女心と秋の空 / HEAVY MENTAL HERTZ

感想:佐藤雅彦ほか『行動経済学まんが ヘンテコノミクス』

 

行動経済学まんが ヘンテコノミクス

行動経済学まんが ヘンテコノミクス

 

 

既に知っていた理論もいくつかあったけれども、日常に根ざしたお話の漫画にしているので、よりわかりやすいものでした。行動経済学(若しくは心理学)に興味がある方にはお薦めです。

感想:南條愛乃 『カタルモア』

 

カタルモア

カタルモア

 

 

 今回も印象的な三曲を紹介。

 1曲目、「blue」。南條さんの歌手としての経歴は知りませんが、生まれる瞬間、とでも言いましょうか、そんな感じを受けました。

 2曲目、「飛ぶサカナ」。やりたいことを我慢してまで長生きする意味ってあるのかなあ、ないよねって聴いて思いました。

 6曲目、表題曲「カタルモア」。コミュニケーション=愛、の歌だと思いました。

 まっくさん。素敵なものをありがとうございました。

感想:南條愛乃 『サントロワ∴』

 

 

 友人(と言わせてください)のまっくさんがたくさん持っているとおっしゃっていて、僕がちょっと興味があったのでお願いしていただきました(コンパルの海老フライサンドイッチをお礼に差し上げて)。

 特に印象的な3曲を紹介。

 1曲目の「It'll be dawn soon.」。アルバムの最初にこういう感じの曲を置くのは珍しいんじゃないでしょうか。しっとり静かに。でも、心が力強いというか。

 9曲目の「スキップトラベル」。フロウが個性的です。旅を想って心が弾む感じがそこにマッチして表現できていると思います。

 10曲目の「光のはじまり」。王道なJ-Pop。最後のほうの歌詞がとても良い。

 何と言いますか、南條さんのことはほとんど存じ上げないのですが、歌声から芯の強さが感じ取れて、好きです。

『カタルモア』もいただいたので、次はそれの感想を書きますね。

なぞの

 日中の疲れからか、昨夜は突然気持ち悪くなった。

 全身の血が逆流しているかのようだった。

 そんなだったから、ひとつ予定をすっ飛ばしてしまった。

 申し訳ない。

うつ病だけど働いている僕は障害年金をもらえるか? その7

akinosora.hatenablog.jp

 続き。

 今日はほうぼうに行って疲れました。

 まず、今掛かっている病院で精神障害者保健福祉手帳の申請に必要な診断書をもらい、それを持って市役所に申請に行きました。診断書を見ましたが、医師の字が汚い。あれで大丈夫でしょうか。

 次に、障害認定日に当たる時期に掛かっていた病院に、障害年金の申請用の診断書を書いてもらう申し込みに行きました。さすが、大型総合病院。およそ九年前の記録が残っていました。

 あとは、第三者証明の申立者となってくださる方々とやりとり。約十年前の話。こちらもあちらも記憶がおぼろげです。何を書いてよいやら。いったん叩き台を作って、それを社労士さんに見てもらうつもりです。

 続きはいつになるかわかりません。

一週間前のお話

 りょーこさんのライヴに参戦(巧い言い回しが思いつかないのでこうします)する為に東京に行ったとき、ライヴ前に友人のゆたさん(id:SHADE)と再会。

 GLAM ADDICTIONでのお買いものに付き合ってもらったあと(僕は乙女なのでお買い物に時間がかかります!)、近くにあったMARGARET HOWELL SHOP&CAFEでお喋り。

 主に、僕がゆたさんの経験談(体験談?)を聴いていました。

 重いのだけれども、暗くはないお話。一歩一歩進んでいく力になりました。

うつ病だけど働いている僕は障害年金をもらえるか? その6

akinosora.hatenablog.jp

 続き。

 朝イチで、新宿の病院に電話。

「2007年7月頃から2008年3月頃まで通院していた昭乃そらと申します。障害年金の申請に必要な初診証明をお願いします」

 もう十年も経っているからここもダメかな~と思っていたら、「いいですが、来てください」と。いやいやいや。

「愛知県に住んでいるんで郵送してもらえませんか?」

「わかりました。書類代と送料合わせて6000円。現金書留で送ってください」

「ありがとうございます!」

 で、気付いたんです。社労士さんとの契約は成功報酬制なので、お金の心配はなかったのですが、僕の場合、この十年で病院を転々としているので、それぞれに書類を作ってもらう為の現金が必要なのだと。書類は保険適用外ですからね。これがギリギリの生活をしている僕には痛い。

 現金書留用の封筒を買って帰宅。

 続きは、たぶん明後日の夜。